トップ / 介護師のお仕事とあり方

需要が高い介護師

介護師のお仕事とあり方

現在の病院での介護師のあり方 

現在の日本では老人介護師の需要を増やす事が急務となっています。介護の必要な老人に対してそのケアをする人が圧倒的に数が足りていないのが現実です。その為に、現在介護に従事しているスタッフに精神的的、肉体的な負担が集中し介護を辞めていく人が多いようです。また、老人ホームも足りておらず、痴呆症などの症状で病院に入院をしている人も居るのです。今後、介護師をしたいと思う人が増えるように、何かの制作をとりたいものですね。

病院での介護師の役割りとは。 

患者に少しでも安心した医療や生活を送るお手伝いをすること。それが介護師の役割りです。実際に病院で医療処置をするのは医者であるが、患者への何気ない一言、二言が励ましや支えになったりすることもあります。患者がどうして病院を利用しているのか、また家族の方がどういった気持ちでお見舞いに来ているのか、相手の立場を考え、介護師は相手が求めているような言葉がけに心がける必要があります。コミュニケーションを重ねる毎に患者との信頼関係も少しずつですが深まっていくのがやりがいです。

医師不足に関する情報