トップ / 少子化と医師不足の関係性

医師不足に伴う問題

少子化と医師不足の関係性

医師不足による問題とは

産婦人科の医師が不足している 

少子化に伴い産婦人科の医師が不足している、ということが叫ばれていますが、実際に、妊婦の高齢化が顕著になる中で訴訟などのリスクを考えれば、致し方のないことであると言えましょう。しかし、都市部においてはそうした傾向があっても、地方では人口流出による過疎化が進んでいます。自治体の努力などによって、出生率が上がっているところもあります。つまり、子を産み、子を育てる環境を自治体が整えることで、人口の増減はあまり変わらずとも、その平均年齢が若返るわけです。今後は都市部における少子化はさらに進むでしょうが、不妊治療などの医療技術をもつ医師は都市部に集中している、という歪な形になってくるのではないでしょうか。これからは地方に於ける医療が見直される時期に来ていると申しても過言ではないでしょう。つまり、長いスパンで見れば、医院や病院を新規開業する専門医にとって、産婦人科医が不足しがちな地方こそ、そうした高度な技術をもつ医者の力を発揮できる舞台と言えます。

地方の医師不足の問題 

地方の医師不足が社会問題になっています。医療の地域格差はなくならなければいけないものなのですが、現実問題として難しいです。都心部であれば、医療機器も最新のものが揃っていることが多いですし、医療を提供する環境が整っているのです。また権威のある人のもとで勉強をしたいと思った場合にも、都心部のほうがメリットが多いかもしれません。地方に行くと機器も最新のものでない事が多いようですし、医療機関も少ないということがあるので、患者が殺到をしてしまうことも考えられます。殺到をすると1人の医師の負担も増加をしてしまうので、休む時間も確保をすることが困難となり、その結果ミスが起きるリスクも高くなります。不足をしているところにさらに負担が増加をするということになれば、スタッフを十分に確保をしている医療機関のほうが安心感があるのです。地域格差が起きないように、考えなければいけませんし、対応も考えていく必要があるのですが、問題解決までにはどうしても時間がかかってしまうのです。

医師不足に関する情報