トップ / 転科して経験を積む医師

医師の経験と転科

転科して経験を積む医師

経験豊富な医師はやはり安心 

病院で診察を受けるときに、若いドクターで不安になったことはありませんか。若くても国家免許を持っている医療の専門家であり、難しい症例については他の医師と連携して治療するので不安になる必要はないのですが、治療を受けるならやはりベテランで経験のある方が安心だと思います。経験豊富なドクターは、治療の選択肢を数多く持ち、患者に一番適した治療法を選ぶことができます。若いドクターが悪いわけでは無いのですが、ベテランの医師はこれまでの症例をもとにそのバランスを見いだすことができるのです。

医師が転科するときは 

医師が自分が何科でやっていくのか決めるのは実は本人の自由です。そしていくつもの科を掲げて自分で開業をしてももちろんいいのですが、それだけではなく、途中で転科してもいいことになっています。配属されてここでずっとやっていこうと思っていた人も、いざ働き始めたら自分がイメージしていた科とは違っていたとか、自分のやりたいことができなかったという場合には医師が転科を申し出ることは自由となっています。実際に、自分の専門を広げたり、変えたりする方は多いようです。

医師不足に関する情報