トップ / 医師と医局と働くスタッフ

医師の社会制度とは

医師と医局と働くスタッフ

医師と医局の関係性について 

規模の大きな大学病院では、医師は必ず医局に所属をしなければいけません。専門医療で治療にあたることになるのです。その専門の権威に付いて勉強をすることができるようになっているのですが、直接的な指導を受けることができない場合もあります。中には古い考えを持ち、医局で派閥を作っているようなところもあります。医師の世界も縦社会ということがあるので、自分のやり方を貫き通したいという希望が通りにくいこともあります。大学病院によってもそれぞれ特徴があります。卒業をした大学に勤務をしなければいけないという規定はないのです。

病院で働くスタッフについて 

病院で働くスタッフはどのような仕事をしているのでしょうか?まず医師。この仕事は傷病の診察・治療です。また病院で働いている医療スタッフの多くは医者の指示の元で動きます。次は看護師です。看護師は業務の補助や血圧や体温の測定、患者のケアを行います。次に薬剤師です。薬剤師は医師の処方箋により、薬を調剤したり、薬の飲み方を指導したりします。次はリハビリ担当です。リハビリ担当には機能回復を図る理学療法士・残された機能で生活できるように訓練する作業療法士・声や飲み込みのリハビリを担当する言語聴覚士がいます。

医師不足に関する情報