トップ / 医師の初任給について

医師の初任給と年収

医師の初任給について

医師の初任給はとても安い 

医師の初任給は想像以上に高くありません。研修医でも最初は年収300~400万円と言いますから、かなり安月給のサラリーマン並みです。しかし、全く生活できないというほどではないので、そこはぐっと我慢の時期と考えるのがいいでしょう。研修医も後期になると年収700~900万円と、普通のサラリーマン以上に給料いただけます。後のことを考えれば、1000万円を超える年収を稼いでもおかしくないのが医師の仕事です。初任給の安さは、ぐっと我慢して、早く一人前の意志として働けるように医療技術の研鑽を積むべきでしょう。

医師の初任給について 

医師というと、高給なイメージが定着していますが、初任給はどの程度なのでしょうか。初めての給料というのは、研修医でもらう初めての給料のことを指します。地域差はありますが、都内でも30万円程度です。安い大学病院では、20万円ほどの所もありますし、一般の病院では40万円を超える所もあります。初任給としてはどれも高額な数字ですが、医師になるためには6年間医学部で学ぶ必要があります。また、この数字は当直手当などが含まれています。研修医では一カ月に4~6回ほどの当直を担当することになります。

医師不足に関する情報