トップ / 医師と患者が防ぐ医療ミス

医師のミス防止の策

医師と患者が防ぐ医療ミス

医師と医療ミスとの関係 

医療ミスは絶対に起きてはならないものです。当然、それを未然に防ぐための措置をとっているのでしょうが、どうしても発生してしまう可能性があります。国家資格を持って治療に携わっている人間が事故を引き起こしたのですから、厳罰を求める声も当然あります。しかし、医師側からすると、当然すべての治療に関してはリスクがあります。そのリスクをとって、治療をするのが仕事ですから、厳罰化をあまりにも徹底しすぎると、医師が委縮してしまい、医療ミスが発生しない分、積極的な治療がなされる可能性は当然減少してしまうという事もあります。

医療ミスに対して医師ができる事 

医師も人間ですので、完璧はありません。医療ミスを起こしてしまう事もあるのです。しかし、それを防ぐための組織が病院には存在し、医療ミス防止のためのマニュアル作り、マニュアル通りきちんと行われているかのチェック、起こった事例や未然に防げたものの問題があった事例の分析などを行っています。最近病院などで行われている、患者自身に名乗ってもらう名前の確認は、患者誤認防止の取り組みの一つです。このように、ミスや事故を防止するためには、医師だけではなく、患者の協力も不可欠です。

医師不足に関する情報