トップ / 医師のストレスの問題

医師のストレスとは

医師のストレスの問題

医師のストレスはスゴイ 

世のため人のためと日夜頑張ってくれている医師は、今まで勉強してきたことや経験を活かし、患者のためを思い診断したり、薬を投与したり、手術をしてくれています。そんな医者がもっとも気を使うのが、ガンなどの重い病気を抱えた患者さんに対応する時です。その時の精神的なストレスは相当のものだろうと想像できます。風邪やインフルエンザで受診にきている患者さんにも心のこもった対応をしてくれますが、生死にかかわる病気をもった患者をケアする時は重圧やストレスが医師にもあるはずです。

医師のストレスは大きなもの 

医師はストレスが多いとよく聞きます。病気と向き合い、そして生死に直接、関わりあい、その本人や家族に対応する時のストレスは本当に大きなものとなります。それは健康な人に対して感じるものよりはるかに大きく心身にリスクを与えるようになります。その仕事を選んだのだから、それと上手く付き合っていくことが大切なことです。そのためにも医師は働く場所、受け持つ科など職場環境を考えて選ぶことが重要となっていくのです。

医師不足に関する情報