トップ / 医師の転職と必要なスキル

医師のスキルアップ

医師の転職と必要なスキル

医師不足による問題とは

医師が転職する際に必要なスキル 

医師の方が転職をする際に、次の転職先によって、必要なスキルというものは違ってくるのですが、おおよそどれくらいの臨床経験を積んだのか、が目安にされることがあります。例えば、次の転職先として、生命保険会社などの入院保険金などの請求の担当医師になったとします。この場合、生命保険会社から求められているスキルというものは、まさに臨床経験の豊富さです。例えば、生命保険の場合には、患者さんから虚偽の報告が無いかどうかを調べる際に、病気について詳しいお医者さんに、権利を任せることがあります。そのような際に、それまでどこの科で、臨床経験を多く積んだか、というデータがなくては、信頼をするすべがありません。他にも、生命保険会社などが、内科の保険専門医を求めている場合には、内科での臨床経験が、多く必要とされます。これは、生命保険会社や募集している時期によっても異なっていますが、やはり、経験値は信頼度と密接な関係があるように思います。

医師転職はスキルアップの機会 

医師の転職と言うと、お医者さんも転職するの?と驚かれる人がいますが、もちろん珍しいことではありません。患者さんからずっと求められ続ける高いスキルを身につけるために、症例数の多い医療機関や認定施設などを新天地として考えている医師はたくさんいるかと思います。大学の医局人事では、希望通りの医療機関へいけないだけでなく、先に勤めていたドクターの方針が合わなかったり、症例が思ったように回ってこなかったり、給与についても融通が利かずに何も言えないままただ年月が過ぎていくケースもあるようです。限られた人生ですので、我慢していては勿体ないです、1年でも早く専門医が取れるようにと走り回っているドクターがいるのも事実です。病院によっては、専門分野の病床数を増床するために、ひそかに担当医の募集をかけていることもあります。いずれにしても、アンテナを広く持って対応することで、次なるスキルアップへのキーを入手することができそうです。

医師不足に関する情報