トップ / 医師の激務を軽減する為に

医師のやりがいと負担

医師の激務を軽減する為に

医師の激務を緩和していくこと 

現在の医療分野において、医師不足の関係もあり、通常では考えられないほどの激務をこなされている先生がいるようです。社会貢献をすることは、とても素晴らしいことですが、激務すぎると体を壊してしまいます。今後の医療においても、沢山の腕のいい先生が増え、より多くの環境で活躍できるようにするためにも、労働環境や生活環境について一度見つめ直してみるのもいいかもしれません。医師の負担が減るような制度が整えられるともっといい環境になりそうです。

医師は本当に激務であるか 

医師と言えば収入は多いけれどその分激務である印象がありますよね。しかし、それは研修中の事のみかもしれません。免許取得後、2年間は初期臨床研修医として様々な科をローテートします。この期間は、上の先生方の雑務などを任されることも多いです。しかしその期間を過ぎて6年7年経つと自分のやるべきことと要領を把握できるようになってくるので、ある程度自由がきくようになります。それに勤務形態も選べるようになります。仕事量の分だけやりがいも増えることを加味すると、忙しいながらも素晴らしい仕事であることを実感するでしょう。

医師不足に関する情報