トップ / 医師に必要な英語の力

医師に英語は必要

医師に必要な英語の力

医師不足による問題とは

医師に必要な英語力について 

昔にくらべて日本でも海外の人の姿を目にするようになっています。そのほとんどは、かたことの日本語ができるというひとは増えていますが、病気になったときは別です。具合が悪いときは英語で症状を訴える人がほとんどですから、医師も患者の症状を知るうえでも英語力というのが必要になっています。ただスキルがものすごく高いものを要求されるというものではなくて、身体に関する言葉とか、日常会話がとりあえずできるスキルで問題ないです。医師が患者とのコミュニケーションがとれるくらいの英語力があれば問題ないとされています。できれば英語と中国語など広く浅い知識も必要でしょう。

キャリアアップするために 

医師のキャリアアップは大まかに臨床で腕を磨きスーパードクターと呼ばれるようになる者や研究に重きを起き、大学病院等で教授としてキャリアアップを目指す者とに分かれます。現代ではどの様な職業でも英語ができる人材が求められるようになりましたが、医師も例外ではなくキャリアアップには英語力が必要となってきます。海外の病院で働き腕を磨く場合は勿論ですし、研究者として海外でも通用するためには、海外の学会や論文等の新しい情報を常に学び吸収する事が大切ですし、自らの研究を発信したりする場合には高い英語力が必要となってくるためです。

医師不足に関する情報